企業が広告で商品の安さや効果を強調する際に示す注意書き(打ち消し表示)。消費者庁が、実在のスマートフォン広告に近いサンプルを使って調べたところ、最大94.3%の消費者が打ち消し表示を見落としていた。同庁は消費者に対して「他に制約条件がないか注意する習慣をつけてほしい」と呼びかけている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら