「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が6月29日に全国公開となる。このほど、第71回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門で同作の特別上映が行われ、ワールドプレミアに続き、豪華キャスト陣がレッドカーペットに登場した。

【大きい画像を見る】(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


 会場となったのは、フランスのカンヌにあるパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ。この日は、若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクやエミリア・クラークはもちろん、ハン・ソロの相棒チューバッカもブラックの蝶ネクタイを着用し、ビシッとおめかしした正装姿で登場して会場を沸かせた。

 オールデンはカンヌ国際映画祭での上映について「19歳の時にもカンヌ国際映画祭に来たことがあるんだ。でも今回は本作の出演者のみんなやスタッフたちとこんなに素敵な場所に来られて嬉しいよ」と「スター・ウォーズ」作品で来られたことに感慨深げな様子。また、レッドカーペットイベントの後には豪華スターたちが集まるパーティーも行われ、オールデンやエミリアらキャスト陣は華やかな姿でパーティーも楽しんでいた。

 同作について、オールデンは「この作品には本当にユーモアや楽しさが詰まっていて、とても面白い作品なんだ。僕が演じる若きハン・ソロが数々の教訓を学びながら、あの誰もが知っているハン・ソロに変わっていく姿を見られるよ。とにかく皆さんがこの映画を観て、楽しい時間を過ごし喜んでくれたら嬉しい」とコメントを残している。

 カンヌの後、ロンドンプレミアと世界中を駆け巡るワールドツアーが続き、ツアーの締めくくりには日本でのジャパンプレミアが予定されていることにも注目の同作。映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日全国公開。【ほかの画像を見る】(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.