60年代のフランス社会を巻き起こした実在歌姫、ダリダのしくも美しい生き様をった『ダリダ〜あまい囁き〜』(5月19日開)のトークイベントが16日、東京神楽座で開催。本作の宣伝大使を務めるピーターがゲストとして登壇し、現代の日本の芸界に物申した。

【写真を見る】華麗なステップで登場したピーター。ダリダの生き様について熱弁をふるう!

アラン・ドロンとのデュエットでも知られているダリダは、エジプト首都カイロでイタリア移民系に生まれ、パリ歌手としてのかしい成功を収めた。しかし私生活では数々の恋愛に悩み、愛した男が3人立て続けに自殺してしまうという悲劇に見舞われたダリダ。本作ではめ、ステージの上でき続けた彼女の波乱に満ちた54年の生涯を描きだしていく。

音楽に合わせて軽快なステップを踏みながら登場したピーターは、本作を観た感想をかれると「久々奮しました」と息を漏らす。「男にこんなに振り回されても、最後を閉じるまですばらしい歌を残してきた彼女は、生き様が仕事になっている。明るく歌えば歌うほどせつなく感じて泣きましたね」とダリダの生き様に心奪われた様子のピーター。

さらに「あまりシャンソンというイメージがダリダにはなくて、エディット・ピアフとは対照的なシャンソンを歌う感じ。めて気付かされることがたくさんありました」と歌手としての一面を垣間見せたピーターは「その時代のファッションとか時代背景とか、も観ていてワクワクしました」と、多様な楽しみ方ができることも明かした。

そんななか、劇中で描かれるスキャンダラスな芸界の様子と現代の日本の芸界を較し「品行方正なのが芸人みたいな潮になってきてつまらない」ときっぱり。「昔はみんなやんちゃで、危なっかしいけど作品はすばらしいなというものが多かった。芸人は危なっかしいほうがおもしろいし、そういう中で作品が潤っていくの」と苦言を呈す。そして「フランスとかイタリアとかはいまでもやんちゃだし、政治家もやんちゃ。日本政治家なんて、口曲げて怒鳴るだけですからね」と微笑んだ。

今年ので芸生活50周年を迎えるピーターは毎日Instagramで“バカ笑い”をテーマにした投稿をしたり、ブログを頻繁に更新したりするなどパワフルさを保ち続けている。その秘についてかれると「自分を好きになることかな」と持論を展開するピーター。

「自分を褒めてあげる自分がいないとツラいですよね」とり、男性からのを“ごほうび”として生きたダリダに対して「私の“ごほうび”はですかね。に帰ったときのオフ感をめています」とコメント。そして「昨日まで奄美大島に行ってきたんですが、奄美すごく良いの!」と、離願望があることを明かし場内を沸かせた。(Movie Walker・文/久保田

『ダリダ〜あまい囁き〜』のトークショーにピーターが登壇!