中国による知的財産権侵害や企業への技術移転の強要をめぐり、米通商代表部(USTR)は15日、米通商法301条制裁の発動に必要な公聴会をワシントン市内で開催。出席者からは制裁に賛否両論の意見が出た。トランプ政権は中国との通商協議の進展をみながら、実際の発動時期を決める方針だ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら