学校法人「森友学園」を巡る補助金詐欺事件で、詐欺罪などに問われた学園の前理事長・籠池泰典被告(65)が、大阪府・市の補助金詐欺の起訴内容について大筋で認める方針であることが分かった。共謀したとされる妻諄子被告(61)は、否認する意向だという。弁護側は今月上旬、2度目の保釈請求を大阪地裁に出した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら