国政選挙などで男女の候補者数を「できる限り均等」にするよう政党に努力義務を課す「政治分野における男女共同参画推進法」が16日、参院本会議で全会一致で可決され、成立した。23日にも施行される見通し。女性の政治参画を後押しすることを狙う議員立法だ。ただ罰則規定がない理念法で、各党の取り組みが問われる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

政治分野における男女共同参画推進法の成立を受け、総会であいさつする超党派議員連盟の中川正春会長(奥左から2人目)=衆院第一議員会館で2018年5月16日、藤井達也撮影