新日鉄住金は16日、来年4月1日に社名を日本製鉄に変更すると発表。6月下旬に開催予定の株主総会で提案し、承認を得て変更する。戦前・戦中に存在した半官半民の鉄鋼メーカー、旧日本製鉄とは異なる法人だが、約70年ぶりに「日本」を冠した鉄鋼メーカーが誕生する。グループ全体を体現する企業名とするのが狙いだ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら