近年のウイスキー需要の高まりにより、日本国内におけるウイスキー市場産・輸入ともに拡大している。

【写真を見る】ブラウン・フォーマン社のブランドアンバサダー、クレイグ・ジョンストン氏がスコッチウィスキーの魅力をアピール

そんな中、ウィスキー党の需要と期待にこたえるため、アサヒビールは3ブランド合計8アイテムスコッチウィスキー6月19日(火)から全で販売開始する。

グレンロナック

スコットランドで最も歴史ある蒸溜所の1つ・グレンロナック蒸溜所産のウィスキー。今回は12年、18年、21年の3ブランドラインアップされている。

ベンリアック

ベンリアック蒸溜所産のスコッチウィスキー現在では希少となっている伝統的な製麦工程(フロアモルティング)を自社内で行っていることや、熟成と仕上げに様々なを使用する革新的な製造方法で高い評価を受けている。

グレングラッサ

スコットランドグレングラッサ蒸溜所産のウィスキー1986年に生産がストップし再開は絶望的とされていたが、2008年に復活を遂げたことで一躍有名に。なお、同商品は飲食店限定の販売となる。

今回の新商品はいずれも原料に大麦麦芽のみを使用し、単一の蒸溜所で造られた「シングルモルト」タイプ。蒸留所ごとの個性の違いを楽しみながら、自分好みの一本を探し当てよう。(東京ウォーカー(全版)・桑原健太郎)

拡大する日本国内のウイスキー市場に新商品が登場