大相撲夏場所4日目の16日、松鳳山が昨年春場所以来となる通算5個目の金星。3連敗の反省から、前に出る相撲を意識したという。突っ張り合いから鶴竜が我慢できずに引いたところを逃さずに出た。連敗中は、4歳の長男から「パパ残念だったね」と傷口に塩を塗るような励ましも。「喜んでくれると思う」と笑顔を見せた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

鶴竜を押し倒しで破った松鳳山(右)=東京・両国国技館で2018年5月16日、手塚耕一郎撮影