15日のアスレチックスで1イニングを投げ1失点に苛立ち

 レッドソックスは15日(日本時間16日)、カーソン・スミス投手が右肩を痛め10日間のDL入りすることを発表した。その負傷の理由が米で話題となっている。地元紙「ボストン・グローブ」が「カーソン・スミスがグラブ投げ負傷。損傷は深刻な可能性」と見出しを付け報じている。

 自身の投球に苛立ち、グラブを投げて右肩を負傷するという愚かな行為を行ったのはレッドソックスのカーソン・スミス投手だ。同紙によれば14日(同15日)の本拠地アスレチックス戦の8回に3番手としてマウンドに上がった右腕は1イニングを1安打1失点で降板。チームも5-6で敗れると、自軍ベンチで自身のグラブを投げつけ右肩を痛めたという。

 当の本人は「毎日のウォーミングアップでキャッチボールしているときに、グローブを使って投げる動作をしているんだ。ウォームアップのルーティンは投球動作をすること。グローブを投げるんだ。実際、普段は掴んでいるんだけど、うっかり投げてしまうことがある」と話し、グラブを投げつけ負傷したことを否定しているという。

スミスは2016年にトミージョン手術を受け、昨年9月に復帰したばかり

 だが、真逆の意見を口にしているのは球団社長のデーブ・ドンブロウスキ氏だ。「もちろん彼は疲れていたかもしれない。しかし、これが今回の怪我を引き起こしたわけではないと思う」。登板過多や疲労によるケガだという根拠がないことを明かし、スミスが自らの行為によりDL入りになったことに言及している。

 アレックス・コーラ監督も「残念に思う。昨夜も今日もこれについて話した。いったい私に何が言えるだろう? 珍しいアクシデントだ。グラブを叩きつけたりバットを投げたり自分を殴るのは別に彼が最初の人間ではない。でもそれはそれ。我々は前進しなければならない」と話したという。

 同紙の番記者のピート・エイブラハム記者もツイッターで「カーソン・スミスが昨日、試合外でグラブを投げ負傷した。亜脱臼は投手にありふれたケガではない。デーブ・ドンブロウスキは深刻な負傷であると示唆し、手術の可能性もある」とツイート。自らの愚行が負傷の原因と指摘している。

 スミスは2016年にトミージョン手術を受け、昨年9月にメジャー復帰。今シーズンは活躍を期待されていたが、自らチャンスを逃す形となってしまったようだ。(Full-Count編集部)

レッドソックスのカーソン・スミス【写真:Getty Images】