付き合っている人がいても、お互いにちゃんと「ひとりの時間」も持つことが大事です。
一緒に過ごさない時間があるからこそ、がより一層深まるという一面もあるでしょう。ある意味、長続きの秘とも言えます。
そこで今回は、人がいても「ひとりの時間」を持つことの大切さについて紹介します。


■「相手のことを考える時間」が増える

常に一緒にいると、一緒にいることが当たり前になってくるので、相手のことをめて思ったり考えたりすることもなくなります。そうなると、もはや好きなのかどうかが、わからなくなったりもしてしまうかもしれません。悪い意味での「空気みたいな存在」ですね。
でも、一緒にいない時間があると、「今何してるのかな?」とか「ここ、今度一緒に来たいな」なんて、相手のことをふと思ったりもするもの。そこには自分の素直な気持ちがあったりもするので、自分でもめて人の大事さや存在の大きさを感じるキッカケにもなるでしょう。


■「信頼」が生まれる

「ひとりの時間」をちゃんと与え合えるというのは、信頼が築けているからこそできることでもあります。お互いに「相手が自分を裏切るようなことはしないはず」という気持ちを持っているのでしょうし、そういう思いがより一層強くもなるでしょう。
なので、相手が「ひとりの時間」を満喫しているときに、頻繁に電話LINEで連絡を取ろうとするのはNG行動。それでは「全く信用されていないな」と思われて逆効果になりますし、束縛や監視が強い印にもなるので、重たくも感じられてしまいます。「会っていなくても、気持ちは繋がっている」と信じて一人の時間を過ごすことで、さらに信頼が深まるのです。


■「会いたい気持ち」が芽生える

ずっと一緒にいたら、人に対して「会いたい」という気持ちは当然ながらなくなってしまいます。でも、「会いたい」という気持ちは、相手への思いの表れでもあるので、恋愛を持続させていくうえでもとても大事な感情です。
出会ったばかりの頃や付き合いたての頃に抱いていた、相手に対する「会いたい」という思いをなくしてしまわないためにも、「会わない時間」は必要不可欠。久しぶりに会えたときのドキドキ感も、ふたりの恋愛への素敵な刺になることでしょう。


■「精ストレス」がなくなる

いくら相手が人でもずっと一緒にいたら、窮屈さや陶しさを多少は感じたりもするはず。そういった精ストレスがどんどん大きくなっていくと、最終的には「もう一緒にいたくない」という結論に至ってしまう可性だってあります。
でも、適度に「ひとりの時間」を持つようにすれば、趣味を楽しんだり友人と遊んだりすることができます。それこそが、精ストレスを溜め込まないためのコツですし、充実した交際を続けていけるひとつの秘でもあるでしょう。


おわりに

いくら人同士とはいえ、四六時中いつでも一緒にいたら飽きも生じるでしょうし、イライラしたりすることも増えるかもしれません。ちゃんと「ひとりの時間」も持つことができると、そういったふたりの関係をリフレッシュさせる時間にもなるはずですよ。 (山田周平ライター
(ハウコレ編集部)(井上怜愛モデル)(島崎雄史カメラマン)(JYO/ヘアメイク)(辻野祐馬/ディレクション)

ずっと一緒はちょっと?E?E?E恋人がいても「ひとりの時間」を持つことの大切さ