7回に清宮の大飛球を秋山が落球し、これが決勝点の足がかりに

 日本ハムが1-0で息詰まる投手戦を制して連勝を飾った。16日、東京ドームでの西武戦。先発の上沢直之投手が完封勝利の好投を見せ、7回に奪った虎の子の1点を守り抜いた。

 今季7度目の先発となった上沢は強力な西武打線をわずか4安打に封じる好投。9回に無死から連打で一、二塁のピンチを招いたものの、なんとか無失点に凌ぎ切った。

 上沢の奮闘に、打線が7回に応えた。先頭の清宮が右中間への大飛球を放つと、これを中堅の秋山と右翼の木村文が交錯して落球(記録は秋山の失策)。清宮が激走で三塁を陥れると、西川の中犠飛で先制点奪い取った。上沢は2014年以来、4年ぶりの完封勝利となった。

 西武は連敗で、最近7試合で1勝6敗とペースダウンが顕著に。先発の十亀は7回途中までわずか2安打に抑える好投で自責点はゼロ。ただ、打線が援護出来ずに敗れた。(Full-Count編集部)

日本ハム・上沢が西武打線を4安打に抑え、完封勝利【画像:(C)PLM】