過労死の遺族などでつくる「全国過労死を考える家族の会」や日本労働弁護団などは16日、働き方改革関連法案に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度」の導入は認められないとして、法案から削除するよう求める共同声明を発表した。家族の会は、安倍首相に対して法案採決前の面談を申し入れたことも明らかにした。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら