ラグビーW杯の出場権が取り消される異例の事態を招いた背景には、当該国・地域で連続36カ月以上の居住歴と他国の代表経験がないなどの条件を満たせば国籍を問わず代表になれるラグビー独特の慣例がある。居住歴や代表経験は書類の確認、協会や代理人への問い合わせにより手探りで進められているのが現状だ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら