5月16日()放送の吉高由里子演連続ドラマ正義のセ」(毎週水曜10:00-11:00日本テレビ系)が第6話を迎える。

【写真を見る】再会を喜ぶ吉高由里子と倉科カナ。この二人が同期って、最強過ぎません?

前回、新米検事の々子(吉高)は一緒に事件を捜していた先輩検事の大塚(三浦)を、の席でうっかり元カレの優希(大野拓朗)と間違え、ブチュっとキスしてしまったことが話題に。

第6話では“キス事件”を知った々子と、かわいいほどに動揺してしまった大塚に進展があるのか注される。

そんな中、第6話では、横浜地検港南支部という職場で大胆に々子の口を手で覆う大塚の姿をキャッチ! これはの進展なのか、それとも別の理由があるのか、放送が見逃せない!

ゲストに倉科カナ、岡山天音笠原秀幸が登場!

々子(吉高由里子)は、同期・ユキの結婚披露パーティーに出席。全各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、パーティーは大いに盛り上がる。

そこで々子は、弁護士になった美咲(倉科カナ)と久しぶりに再会する。

大学時代からずっと助け合いながら勉強してきた似た者同士の二人だったが、進路を決める際、それぞれの正義を貫くために検事と弁護士という違うを選んでいた。

披露宴の帰り、々子は美咲を自宅に招き、竹村みんなで歓迎する。々子と美咲は、お互いの近況を報告。

そして恋バナになると、なぜか大塚(三浦)とキスするシチュエーション々子の頭に浮かぶが…。

翌日、出勤した々子は相原(安田顕)から、飲み会酔っぱらって寝てしまった時に大塚キスしたことを知らされる。

々子は、大塚と顔を合わせると、意識するように。そんな中、オレオレ詐欺の被疑者が送致されてくる。

々子は「オレオレ詐欺グループ一網打尽にしてやる!」とり切る。被疑者は、大学生浅田謙人(岡山天音)。

彼は々子の取調べに対して、「軽いアルバイト感覚でやってしまっただけで、詐欺に加担しているとは知らなかった」とし、反した態度を見せる。

そして浅田を担当する弁護士として港南支部を訪れたのはなんと、美咲だった。美咲は、浅田の釈放を要

しかし、々子は検事として浅田を釈放できるだけの材料がなく、拒否。美咲浅田の言い分を信じ「ある意味、彼もオレオレ詐欺被害者と言える…」と、徹底的に守る姿勢にでる。

っ向から対立する々子と美咲。二人は立場の違いから、しくぶつかり合うことに…。それぞれの信念を抱いて追及する、オレオレ詐欺事件の相とは!?

そして、正義のために、固い友情で結ばれていた二人のは切れてしまうのか!?(ザテレビジョン

キスシーンの次は寸止め!?(5月16日(水)放送「正義のセ」第6話より)