アメリカンフットボールの日大-関学大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が相手選手に反則タックルをして負傷させた問題で、日大の内田正人監督は学内調査に反則行為などの指示を否定した。日大広報部が16日に明らかにした。また、退場となった選手以外にも事情を聴いたところ、内田監督からの指示を否定した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

アメリカンフットボール「関西学院大学対日本大学」第51回定期戦で、戦況を見る日大の内田正人監督(中央・サングラスの男性)=東京都調布市のアミノバイタルフィールドで2018年5月6日、小座野容斉撮影