ストレス社会の現代。仕事だけでなくプライベートの問題も抱え、ボロボロの状態で日々を過ごしている人もいるのでは。溜め込んだ“鬱憤”を吐き出すと案外楽になるが、内容によって知人には相談しにくい場合も。そこで今回は、自分の思いを匿名で投稿できるアプリ「Omotter」をピックアップ。

出典画像:「App Store」より

 

特定を恐れずに呟けるSNSが登場!!

出典画像:「プレスリリース」より

 

自分の意見を発信する手段としては、Twitterやインスタグラムなどの各種SNSが根強い人気を集めている。しかし身内に自分だとバレないように工夫しても、過去のツイート内容やアップした画像の背景から“特定”される事態もあるよう。

 

最近は芸能人の“裏アカウント”が特定されて炎上するケースもあり、ネット上では「身内バレが怖くてSNSで発言できない…」「最近はSNSで少し愚痴っただけで炎上するから、迂闊な内容を呟けないな」といった悩みの声も上がっている。

出典画像:「プレスリリース」より

 

“特定”を恐れるユーザーにおススメなのが「Omotter」。Twitterをもじったようなネーミングのとおり好きな内容を呟けるアプリだが、最大の違いは“完全匿名”で呟けるポイントこと。「ユーザー設定」や「友達登録」といった機能もないうえ、呟きは24時間経つと消える仕様に。ほかのユーザーによる匿名の投稿もチェックできるが、呟きに対してコメントや返信は一切不可能。ただし「イイネ」や「悲しいね」などのスタンプを送る機能がついているので、共感できる呟きにはリアクションをとってみよう。

 

ほかのユーザーと絡む機会が極端に少ない同アプリのシステムを見て、「コメントもできないSNSって斬新すぎる」「Twitterと同じ感覚で使えると思ったら全然違ってビックリ!」「他の人と絡む機能がほぼゼロなのは凄い」といった驚きの声を上げるユーザーもチラホラ。

 

しかし「Omotter」を開発した「Clisk Corporation」は、Google Playのコメント欄にて「本アプリではSNS疲れをされた方や、通常のSNSではつぶやきにくいことをつぶやく方が多いと思いますので、返信(コメント)機能をつけると誹謗中傷や批判的なコメントが付きやすい傾向にあるかと思います」と発言している。コミュニケーション手段が発達しすぎた現代だからこそ、肩の力を抜いて呟けるアプリが必要なのかも?

 

■レート
3.0(最大5/Google Play/5月14日現在)

 

■アプリ情報(App Storeより)
提供元:Clisk Corporation
サイズ:37.6MB
互換性:iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
年齢:このアプリケーションのダウンロードは、17才以上の方が対象です。
頻繁/極度な過激な言葉遣いまたは下品なユーモア
頻繁/極度な成人向けまたはわいせつなテーマ

YouTuberの次は「Radiotalker」!? 音声配信アプリ「Radiotalk」が過熱中キャプション