自民党憲法改正推進本部は16日、党本部で幹部会合を開き、憲法改正手続きを定めた国民投票法の改正案について、今月中の審議入りを目指す方針を確認した。17日の衆院憲法審査会の幹事会で野党側に改正案を示し、今国会成立へ協力を呼びかける考えだ。自民、公明両党は15日の実務者協議で改正案について合意した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら