スペイン報道 最終ライン補強へ、期待のフランス人DF獲得が迫る

 今季のリーガ・エスパニョーラスペイン国王杯の二冠を達成したバルセロナが、来季に向けた補強に成功した。セビージャフランス人DFクレマン・ラングレの獲得で個人合意に達し、移籍3500万ユーロ(約45億円)で獲得する可性が浮上している。スペイン「ムンド・デポルティーボ」が報じた。

 敗優勝の偉業に迫っていたバルセロナだったが、現地時間13日に行われた第37節でレバンテに4-5とまさかの敗戦。今季途中に獲得したコロンビア代表DFジェリー・ミナら守備が背信のパフォーマンスとなった。

 一方でバルサは、来季に向けてDF補強に速に動いていた。セビージャ22歳のストッパーは、2017年1月フランスナンシーから加入。今季はここまで公式53試合に出場、UEFAチャンピオンズリーグ8強進出にも貢献していた。バルサは獲得に必要な違約3500万ユーロを準備しているという。

 バルセロナフランス代表DFサミュエル・ウムティティとの契約延長交渉を進めているが、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出しているとも報じられている。アトレチコ・マドリードフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得の可性も高まるなか、フランスコンビが来季補強の玉になるかもしれない。


Football ZONE web編集部)

バルセロナは、セビージャDFラングレの獲得で個人合意に達したと報じられている【写真:Getty Images】