【ワシントン時事】ロイター通信などによると、サンダース米大統領報道官は16日、FOXニュースのインタビューで、北朝鮮が米朝首脳会談の再考を警告したことについて「会談が開催されることに期待を抱いているし、引き続きその方向に進む」と述べた。その上で、会談を通じた非核化を拒絶するなら「われわれは最大限の圧力をかけ続ける」とけん制した。

 サンダース氏は、北朝鮮が会談中止をちらつかせて脅しをかけてくることは「完全に想定していた」と指摘。米朝首脳会談に向け「厳しい交渉への備えはある」と語り、今後の調整が難航する可能性も視野に入れていることを明らかにした。