『マフィアIII(Mafia III)』で知られるゲームデベロッパーHangar 13は、イギリス・ブライトンに新たなオフィスを設立し、スタジオ規模を拡大すると発表しました。

【大きい画像を見る】『マフィアIII』のHangar 13がスタジオ規模拡大、未発表のAAAゲーム開発に着手


ブライトン新オフィスはGameaholic代表として活動してきたNick Baynes氏によって率いられ、アメリカ・カリフォルニア州ノバトスタジオおよびチェコスタジオと協力し、未発表のAAAゲームプロジェクトに取り組んでいくとのこと。2KはHangar 13新スタッフの求人情報を公開し、リードマルチプレイヤーデザイナーやエンジニアを募集しています。

Hangar 13は2018年2月に2Kによる人員削減が報じられ、スタッフの大部分がレイオフ対象となっていたことが明かされていました。現在はデビュー作品である『マフィア III』に続く新作に取り掛かっているということで、今後の活動に視線が集まりそうです。【ほかの画像を見る】『マフィアIII』のHangar 13がスタジオ規模拡大、未発表のAAAゲーム開発に着手
『マフィアIII』のHangar 13がスタジオ規模拡大、未発表のAAAゲーム開発に着手