中国の習近平国家主席は16日、北京で、訪中している北朝鮮の朝鮮労働党の友好視察団と会談した。習氏は「朝鮮の党と人民が国情に合った発展の道のりを歩むことを支持する」と述べ、後ろ盾として支える意欲を表明。北朝鮮が米朝首脳会談の再考を示唆して米国を揺さぶる中、中朝の緊密な連携ぶりが鮮明になった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら