アイドルグループさくら学院2018年度の活動をスタートさせた。新年度初のイベントさくら学院 2018年度 ~転入式~」(5月6日東京・なかのZEROホール)では、“転入生”3名と“生徒会”のメンバーが発表されている。

【写真を見る】さくら学院2018年度転入生の3名。左から白鳥沙南、野中ここな(共に中等部1年)、野崎結愛(小等部5年)。右端は在校生の日髙麻鈴

2010年に誕生し今年度が結成8年となるさくら学院は、学校生活クラブ活動をテーマにした「成長期限定!!」ユニットを標榜。所属メンバーは小・中学生に限定されているため、3月に中3のメンバー卒業、新年度には“転入生”として新メンバーが加入する。また年長メンバーは“生徒会”として、それぞれに役職が与えられるのが毎年度恒例となっている。

■ 転入生として個性豊かな3名が加入

「転入式」のステージで“転入生”として発表されたのは合計3名。昨年度は生徒不在で空白の世代だった“新中等部1年”に熊本県出身の白鳥沙南(しらとり・さな)、長崎県出身の野中ここな(のなか・ここな)、そして“新小等部5年”に愛知県出身の野崎(のざき・ゆめ)が入った。

ダンスが大好きという白鳥沙南は、(※さくら学院ファン)からは「若いころの宮沢りえに似ている」とのも飛んでいた正統派美少女。そんなルックスとは裏に、転入式のステージでは得意の“変顔”を披露して会場を大いに沸かせている。

ショートカット々しい眉毛ボーイッシュな雰囲気をもつ野中ここなは、「2017年アミューズ全県全員面接オーディション2017~九州沖縄~」合格者のひとり。5月14日放送のWEB番組「さくら学院の顔笑れ‼FRESH!マンデー」に初出演し、「妖精は存在します」「好きな生き物宇宙人」など不思議な発言で番組を盛り上げた。

10歳で最年少メンバーとなる野崎は、Instagramで「かわいすぎる姉妹」として約6万人のフォロアーがいる野崎姉妹さくら学院のことは「お母さんスマホで見たことがあって」好きで、一番好きな曲は自分の名前(ゆめ)がタイトルに入っている「夢に向かって」だとっていた。

転入生3名が決定したのは4月後半とのこと。そこから転入式本番まで約2週間、レッスン期間は短かったものの、12人はステージ上で見事なパフォーマンスを見せた。

生徒会発表では涙と感動の“ドラマ”が

続いて、2018年度“生徒会”の体制は以下の通り。生徒たちのリーダー格である「生徒会長」に新谷ゆづみ(中3)。MCグループを引っる「トーク委員長」に麻生(中3)。生徒たちが“にはまりすぎない”ようにする使命を与えられた新設の「はみだせ!委員長」に日(中3)。後輩たちを導する中心的な役割である「教育委員長」に吉田爽葉香(中2)。ダンスなどステージ上での表現を向上させるための「パフォーマンス委員長」に(中2)。

各役職は転入式の後半、「生徒総会」のコーナーさくら学院校長”を務める放送作家倉本留から発表された。毎年度、生徒たちは転入式まで自分の役職を知らされておらず、それぞれがいろんなパターンを想定して挨拶の言葉を考え、この日に臨む。

会場がざわめいたのは、「はみだせ!委員長」の日に続いて、「トーク委員長」として麻生名された場面。というのも、過去さくら学院生徒会長は中3で在校期間が一番長メンバーから選ばれており、また、麻生が昨年度中2で生徒会入りしていた(教育委員長)こともあって、“麻生生徒会長誕生”が有視されていたからだ。

倉本校長が「トーク委員長麻生」と発表した直後、おそらく自身も生徒会長を予想していたであろう麻生は、ショックのあまり顔を下に向け、肩を震わせ涙をこぼしているように見えた。しかし挨拶の順番が回ってくると、笑顔マイクを持ち「違いますよ、全然泣いてないです。汗、汗! 汗がに入っちゃって」と気丈に振る舞い、「トークは大好きなんですけど、話をまとめたりするのが得意ではないと自分では思っているので、1年間で伸ばしたい。みんなの個性をしっかりと引き出せるように、ゆづ新谷ゆづみ)と(日)麻を支えられるように、頑りたい」と強く抱負を表明。さくら学院の中では年長とはいえ、まだ14歳。短い時間で自分の感情を整えたその姿には、からこの日一番の大きな拍手が巻きおこった。なお、倉本校長からは「1年間トークを頑ることで、卒業後の未来が見えてくるはず」との励の言葉があった。

一方、8代となる生徒会長には麻生、日と1年遅れの2016年度に転入、在校歴は2年の新谷ゆづみが任命された。さくら学院いちのしっかり者で、周りのことをよく見られると定評のある新谷は、3月に行われた2017年度の「卒業式」でも在校生代表として送辞を担当した実績をもつ。そういう面では、麻生、日よりも“生徒会長向き”のキャラクターであるといえるだろう。生徒会長就任後の“第一”でも「2年前、中野サンプラザでさくら学院に転入してきたころの私は、何もできない“和歌山田舎”でした」と振り返りつつ、「さくら学院に入っていろんな経験をさせてもらって、トークの面さやダンスの楽しさなどたくさんのことを学べました。そんな成長(できること)の喜びを12人で分かち合いながら、2018年度成長していきたいと思います」と続け、緊の面持ちながらも、大役を任された持を胸に堂々たる振る舞いを見せていた。

先生あるエールで場の空気が一転

生徒会メンバー挨拶が終わりまだ会場に動揺が残る中、マイクを引き継いだハヤシさくら学院“担任の先生”)は、「みんな思うところはあるだろうけど、はそれぞれにふさわしい役職だと思うし、ワクワクする。特に麻生トーク委員長は結構うれしくてね、一緒にすげえ笑いがつくれそうだから。それに生徒会長は突っ込みどころがたくさんありそうだし、『はみだせ!委員長』がいながら、すでにはみだしているヤツもいるし(笑)」と、適切なフォローも入れて場の雰囲気を和ませながら、「与えられた役職をどうかせるのはみんな次第だから、1年間頑ってほしい」と子たちにエールを送っていた。

転入式終了後、さくら学院は新年度2回イベントとして6月17日神奈川・はまぎんホールヴィアマーレにて「さくら学院2018 ~転入生オリエンテーション~」を行うことを発表。体測定などで、転入生のキャラクターを探ることになっている。(ザテレビジョン

「さくら学院 2018年度 ~転入式~」より