フランシスビーンコバーン(25歳)が、亡きカートコバーンのギターを巡る法廷争いで敗訴した。ロックバンドニルヴァーナフロントマンで、1994年自殺したカートフランシスとそのコートニーラブは、フランシスの元夫であるアイザイアシルバと、もとはカートのもであったギターマーチンD−18」の所有権を巡って泥沼争いを繰り広げていたが、今回ギターアイザイアに贈与するとの合意に至ったとシップサイト・TMZが報じた。

フランシスアイザイア離婚は半年前に成立しているが、未だ2人の所有物の分配をめぐって法廷闘争中で、2014年に2人が結婚した際にフランシスから結婚祝いとして貰ったとアイザイアするそのギターもその中に含まれていた。

ある関係者はTMZに、フランシスは最終的にギターを手放したと話し、「彼女アイザイアとこれ以上関わりたくなかったですし、この裁判に足を引きずられたくなかったのでしょう」と続けた。

宝ものを失ってしまったものの、フランシスは最終合意で大勝利だったと報じるTMZは、当初アイザイア額2万5000ドル(約275万円)の扶養料の支払いをめられていたフランシスが一銭も支払わずに済むことになったと伝えた。

さらに、アイザイアが弁護料を自身で負担しなければならないことや、2人が購入したの所有権はフランシスへと渡ったことも報じられている。