【元記事をASCII.jpで読む】

 Samsung製のNVMe SSD「PM981」シリーズが登場。パソコンショップアークで販売がスタートした。リード 3200MB/secクラスの高速SSDで、販売価格も安めとなっている。

 入荷したのはバルク版。ラインナップは容量256GB「MZVLB256HAHQ-00000」、512GB「MZVLB512HAJQ-00000」、1TB「MZVLB1T0HALR-00000」の3モデル。

 「PM981」シリーズは、コントローラーに「Phoenix Controller」、搭載NANDに3bitのMLCタイプ(TLC)を採用する最新モデル。同様のスペックで「SSD 970 EVO」シリーズが先週発売となっているのは記憶に新しい。

 主なスペックは、1TBモデルの転送速度がシーケンシャルリード3200MB/sec、同ライト2400MB/sec、ランダムリード38万IOPS、同ライト44万IOPS。512GBモデルがシーケンシャルリード3000MB/sec、同ライト1800MB/sec、ランダムリード27万IOPS、同ライト42万IOPS。MTBF(MTTF)はいずれも150万時間。

 価格は256GB「MZVLB256HAHQ-00000」が1万2980円、512GB「MZVLB512HAJQ-00000」が2万3760円、1TB「MZVLB1T0HALR-00000」が4万4800円。バルク版につき、保証は6ヵ月となっている。

リード3000MB/sec超ながら安価なNVMe SSDがSamsungから登場