中国では、日本旅行人気が依然と高く、化粧品などを中心に日本製品の人気も高いが、ことに文化や習慣となると、中国人にとっては理解に苦しむこともあるようだ。中国メディアの快資は15日、「中国人が理解に苦しむ日本の5つのおかしな現」と題する記事を掲載した。

 その1つが、「日本の礼儀作法」だという。中国ではたびたび、日本人の礼儀正しさが称賛され、中国から伝わった礼儀が日本では残されていると言われているが、記事は、日本の礼儀にはルールが多く、形ばかりで心がこもっていないとした。

 2つは、「本音と建て前」があることだ。中国では本音と建て前を使い分けることはほとんどなく、ストレートな表現の人が多いが、日本では信用できない相手に本心をさらしてしまうことは控えるべきと言われてしまうと伝えた。

 3つは、「迷惑行為をされて自分の魅を確認する」感覚がおかしいと摘。これは、日本女性セクハラにあっても嫌がらないという意味のようだ。若い女性に「色っぽくなってきた」というのは誉め言葉であり、お尻を触るのはあいさつのようなもので、女性は自分の魅を再確認して自慢げに他人に話すと伝えた。中国人には理解できない「原始的な感覚」と不快感を示しているが、最近日本では財務省セクハラ問題が大きな話題となっているのに、どこからこれほどの誤解が生まれたのか不思議である。

 残りの2つは、「年寄りを大切にしないこと」、「男性女性っぽくなっていること」だとした。日本では年をとってもただ飯は食えないという潮があり、昔は姥捨て山があったという伝説まであると紹介。食系の増えた日本男性に関しては、地位向上をめる女性が方向を誤り、意ある交際をしなくなったことに原因の1つがあると摘。日本男性二次元人を作り抱き枕を抱いて寝るほうが気楽だと思うようになってきたと分析した。

 記事は、これらは中国人には理解できない習慣だとしているが、いずれも少なからず誤解があり、真実日本が伝わっていないようである。日本に関してこうした誤った知識が流れ多くの人が信じてしまうのは残念なことである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

それって誤解じゃ・・・中国人には理解できない、日本の5つの怪現象=中国メディア