プロ野球中日ドラゴンズに所属している松坂大輔投手37)が、不死鳥のごとくよみがえった。2015年に3年12億円(推定)という巨額契約を交わした福岡ソフトバンクでは、3年間で1軍登板はたった1試合だけ。昨年も右肩の不調でリハビリ生活が続き、1、2軍を通じて実戦登板なしだった。

 今年は肩の調子も良好で、4月30日日本球界では4,241日ぶりとなるをつかんだ。球界関係者も「これだけの球を投げられるとは思わなかった。球の勢いが戻ってきた」と驚きを口にしている。

 そんな坂に広告業界がをつけているという。広告代理店関係者は「一時代を築いて、知名度は抜群。37才にして復活したその姿は、民に勇気を与えている。すでに、いくつかの一流企業から坂をイメージキャラクターにしたいというオファーを受けていますよ。実際、CMに出演するのはシーズンが終わった以降となりそうですが、すでに代理店では面下で準備を進めています」とを潜める。

 スポーツ選手のCM出演料といえば、アメリカで活躍した天才バッター・イチローが年間契約で1億5,000万円、1クールでは8,000万円といわれ、オリンピック2大会連続金メダルで箔が付いた羽生結弦選手は年間契約では1億2,000万円、1クール7,000万円が相場とされている。

 前出の広告代理店関係者は「このままいけば坂さんもイチローさん、羽生さんに準ずる額になるでしょう。現役野球選手では異例となる年間契約では5,000~7,000万円、1クール2,500~4,000万円程度が相場になりそうですよ。これが夫人の元日レアナ・柴田倫世さんとセットならば、さらに倍くらいには跳ね上がります」と明かす。

 広告業界からも注され始めた投手。これからの活躍にも視線が集まりそうだ。

中日ドラゴンズ 公式サイト「試合ブログ」より