鬼才マーティン・マクドナーによる最新戯曲ハングマン HANGMEN』東京での演が、2018年5月16日世田谷ブリックシアターにて始まった。翻訳小川梨子、演出を長塚圭史という強タッグで臨む。東京初日演の直前に行われたゲネプロ(※総通し稽古)と囲み取材の様子を写真とともにお伝えする。

富田望生、長塚圭史、秋山菜津子、田中哲司、大東駿介、羽場裕一(左から)

富田望生、長塚圭史秋山子、田中、大東駿介、羽場裕一(左から)

1965年英国における絞首刑の止の余波をマクドナー特有のブラックユーモアを以て描いている本作。2004年以降、かねてから希望していた映画界で創作活動を続けていたマクドナーのロンドンでの待望の演劇復帰作で、15年9月ロンドンロイヤルコートシアターで幕を開けるやち評判を呼び、同年12月からウエストエンドで上演開始、16年英国演劇界最高の名誉であるローレンスオリヴィエ賞「BEST PLAY」にいた話題作だ。

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

『ウィー・トーマス』(03年・06年)、『ピローマン』(04年)、『ビューティー・クイーンオブ・リナーン』(07年)に続き11年ぶりにマクドナー作品を演出する長塚は、地方記者であるクレッグ役として出演もする。

マクドナーはもともと過な戯曲を書くかただが、その中でも一番しく々しい作品なのではないかと思う。それでいてコメディーに仕上がっているので、マクドナーの可笑しみを味わっていただけるのではないか。見る人も試される部分がある。楽しみにしていてほしい」と見どころをった。

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

主人公ハリーを演じるのは田中現在パブのオーナーだが、最後のハングマン(※絞首刑執行人)だったという難しい役どころ。田中は「稽古を重ねて、らができる範囲の最高のものが仕上がったと思う」と自信を見せる。

作品の魅について尋ねると、出演者からは戯曲の面さを称賛するが多く聞かれた。

ハリーの妻・アリスを演じる秋山子は「独特で、とても完成された本。長塚さんの演出にしっかりついてみんなで仕上げていきたい」とり、ムーニーというめいた若い男を演じる大東駿介も「本当に本が面い。今回、日本初演いうことで、製作段階からみんなで関わらせてもらった。そういう経験が初めてなので、すごく楽しかった」。

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハリーシャーリーを演じる富田望生は本作が初舞台。「大先輩の皆さんにたくさん支えられて、素敵なをたくさんいただきながら、可らしいシャーリーが育ったなぁと思うと、すごく嬉しい」とフレッシュなコメント。舞台上では15歳の思期の女の子という難しい年代の芝居を丁寧かつ可笑しみ溢れる演技で見せてくれた。

※関連記事:『ハングマン』で舞台初出演の富田望生がSPICE編集部にやってきた!「ずっと舞台をやりたかったんです」

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子

1幕80分、2幕60分(途中休憩あり)。ユーモアが満載の本作をぜひ劇場でご覧いただきたい。

取材・文・撮影=五月女菜穂

『ハングマン HANGMEN』のゲネプロの様子