2018年4月に日本でも公開された、マーベル映画最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、世界興収MCU(マーベルシネマティックユニバース)史上トップとなり、人気沸騰中です。アベンジャーズといえば、マーベルコミックのスーパーヒーローたちが集結するマーベルシリーズのひとつですが、そのヒーローたちのなかでもひときわ人気があるのが、アイアンマン。今回は、アイアンマンこと”トニー・スターク”が乗ってきた車を紹介します。

アイアンマン=アウディ R8?
アイアンマン

映画『アイアンマン』シリーズの1作目と2作目に愛車として現れたのが「アウディ R8」。2作目では「R8 スパイダー」と「ロールス・ロイス ファントム」が登場します。

初代R8が発売されたのは2006年のことで、2016年まで製造され、現在は2代目が販売されています。

2ドアのスポーツカーで、4.2LのV型8気筒と5.2LのV型10気筒エンジンがあり、最初の『アイアンマン』ではV8、『アイアンマン2』ではV10のスパイダーが使われています。 

2作品続けてアウディ R8でしたから、主人公であるトニー・スタークの愛車はR8というイメージが定着していました。

誰も実車を見たことがないNSX ロードスターが登場
アキュラ NSX コンセプトモデル 2012

※アキュラ NSX コンセプトモデル

2012年に公開された映画『アベンジャーズ』では、ホンダの北米市場向けの高級車ブランドであるアキュラが車両を提供。それを受けてトニー・スタークは「アキュラ NSX ロードスター」に愛車を変更します。

2012年に公開したNSXのコンセプトモデルをベースにしたロードスターが、市販車も公開されていない時期にどうして使用できたのでしょう。

じつは、この車のエンジンには3.2リッターのV6エンジンが搭載されています。そう!初代NSXがベースになっているのです。2012年に、そのような車が映画専用でありながら製造されていたことがファンを興奮させますね。

最近、このNSXロードスターの市販モデルが発表されるのではないかという話が浮上したり、タイプR仕様の存在も噂されるなど、新型NSXからはしばらく目を離せそうにありません。

アウディがEVスポーツカーになって帰ってきた
アイアンマン アウディ R8 e-tron

2013年4月に公開された『アイアンマン3』でトニー・スタークの愛車となったのは初代作と同じアウディ R8でした。

しかし、車両はEVの「アウディ R8 e-tron」に進化しています。前後のアクスルにそれぞれ2つのモーターを採用した4WDモデルで、航続距離は450kmとアナウンスされていました。オーダーで市販化されたものの、100台以下で販売が終了した幻のR8です。
 
すでに続編が決まっている映画『アベンジャーズ』。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、トニー・スタークの愛車は登場しませんでしたが、今後の作品にどのような車が登場するのか、注目してみましょう。

人気マーベルヒーロー、アイアンマン!トニー・スタークの愛車たち