9700形(1998年・2両稼働中)9500形と同じですが新造

電車は右にゆっくり曲がってゆきます。

鹿児島というよりも南九州最大の繁文館近くです。

0.5kmで文館通停留場学生時代にクルマ東京から来たことを思い出します。

0.3kmでいずろ通停留場。”いずろ”は”石籠”が訛ったもの、近くの”石籠大通”は”いずろどおり”と読まれるんだそうです。

また0.3kmで朝日停留場鹿児島で最もく開けた場所で銀行券会社など融関係の本店支店が並んでいます。この辺りで運転士さんが闇に挨拶しているので不思議に思ったら、たくさん走っている黄色鹿児島市交通局バス運転士さんと挨拶を交わしているのでした。

交通安全号(9507)は立つせいか、すれ違う度に気付きます。

0.3kmで役所前停留場。実際は役所の前を少し過ぎた地点です。

0.2kmで水族館停留場。1914年(大正3年)の開業時は高野山通。戦中戦後混乱期に止されましたが、1956年昭和31年)県庁前として再開業。1996年平成8年)県庁が移転したため県庁跡に名。1997年平成9年)いおワールドかごしま水族館開園に伴い水族館口に名。

正面にJR鹿児島が見えてきました。

0.2kmで桜島停留場。ほとんど鹿児島が正面です。

次回は懐かしい鹿児島に着きます。【私鉄に乗ろう 56】鹿児島市交通局 その8 に続きます。

写真・記事/住田至朗)

「【私鉄に乗ろう 56】鹿児島市交通局」一覧