2019年4月より、“テレビ朝日開局60周年記念作品”としてスタートする帯ドラマ劇場「やすらぎの刻(とき)~」の出演者オーディションに、約5000人の応募が寄せられたことが分かった。

本作は、2017年4月9月に放送され大好評を博した「やすらぎの郷」の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ』を映像化。山梨のとある山間の村を舞台に、昭和平成を生き抜いた名の夫婦の生涯をつづる物語で、テーマは“ふるさと”。昭和初期から始まり、戦中、戦後平成という時代の移り変わりを1年間を掛けて丁寧に描いていく。

作品の前半の演は清野菜名戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千が演じる。この他、「やすらぎの郷」のその後も合わせて描かれ、浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキーカーチス、也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定だ。

4月26日に募集を開始したオーディションでは、男性1981人、女性2984人の計4965人の応募が寄せられた。(年代別内訳/15~19歳:731人、20~29歳:2910人、30歳~35歳:1324人)

この応募総数を聞いた倉本は、「スゴイなぁ! “数”で驚いたけど、次は“質”で驚きたい。この番組でスターを生み出したいと思ってやっているので、それを念頭にしっかり審をしていきたい。そして、良い人材はどんどん抜てきしていきたい」とコメントを寄せた。

また、番組では今後、第1次(書類審)、第2次(面接)、第3次(プロデューサー監督面接及び演技審)、最終審(倉本出席の下、面接及び演技審)という5つの段階を経て、出演者を選考していく。採用人数は10~20人程度を予定しており、素晴らしい人材との出会いがあれば、人数に制限なく採用することを考えているため、合格者数、そしてどんな才が見いだされるのか全てが未知数となる。

なお、第1次、書類審の通過者発表は21日()を予定している。巨匠倉本が紡ぐ壮大な物語はもちろん、新たなスター誕生の間を見守ろう。(ザテレビジョン

2019年4月スタートの帯ドラマ劇場「やすらぎの刻(とき)~道」で脚本を手掛ける倉本聰