ディーラーの「展示」、「試乗」、あるいは「レンタカー」。そうした履歴をもつクルマ中古として買うのはお得になるのでしょうか。それぞれどのような特徴の違いがあるのでしょうか。

状態と価格、ふたつのメリットがある元「試乗車」

中古市場には通常の中古のほかにも、もともとディーラーで「試乗」として使われていたクルマディーラーショールームなどで「展示」として置かれていたクルマ、あるいは「レンタカー」として走っていたクルマなどが存在します。

いずれも較的年式が新しいという共通点がありますが、それぞれどのような特徴や傾向があるでしょうか。関東北陸東北の各地方で23中古販売店を展開する、ケーユー(東京都町田市)に聞きました。

――元試乗はどのような特徴があるのでしょうか?

市場に出回るものは、新登録から1年以内、走行距離5000km未満の車両がほとんどで、検期間やメーカーも何年か残っています。ディーラーは顧客に良い印を持ってもらえるように努しますから、試乗は「禁煙」で使用し、外装、内装ともにきれいにしていたものが多いはずです。

――元展示の場合は、ほぼ新に近い状態のクルマが多いのでしょうか?

ディーラーで展示として用いられていたクルマは、それなりの装備やオプションをつけているものが多いと思われます。ほとんど走行していないため、元試乗よりは高い価格になるでしょう。

また、中古販売業者が扱うものはディーラーで一度登録され、その後オークションに出品されたもの、あるいは何らかのルートディーラーから直接仕入れた「登録済未使用」として販売されるケースが多いため、あくまで新ではなく、検期間も新よりは短くなります。

元「レンタカー」のメリットはやはり「安さ」

――元レンタカーにはどんな特徴があるでしょうか?

クルマグレードは上級なものではなくベーシックなものが多く、カーナビなども純正品ではなく社外品になっているケースもあります。走行距離は、通常の中古よりは長くなる傾向にあります。不特定多数の方が乗られるので、外装や内装の状態もそれに応じたものになるかと思います。中古としての価格はそういった部分も加味することになりますので、年式の割に安めに感じられるものが多いのではないでしょうか。

※ ※ ※

ここで較した3種類のなかでは、元「試乗」が状態の良さと価格面のメリットを兼ね備えているといえそうです。元「試乗」をお得に購入するコツについて、ケーユー担当者は「元『試乗』は常に潤沢に存在するわけではなく、時おり出回る程度のものですので、見つけた場合はラッキーといえます。種やグレード、色などが希望の範囲内であれば、検討するとよいでしょう」と話しています。

【図】中古「フィット」の元試乗車、元展示車、元レンタカー価格比較

中古車販売店のイメージ(画像:PIXTA)。