読者の中には、給料ややりがい、人間関係などさまざまな理由から、転職を考えている人もいるかもしれいない。そこで今回は、マイナビニュース会員のうち会社員504名に聞いてみた。転職経験はある? その転職は成功だった?

○Q.転職をしたことがありますか?

ある 67.7%
ない 30.8%
○Q.(転職経験者に)その転職は成功だったと思いますか?

成功! 69.2%
失敗… 30.8
○<成功!>

■「給料・待遇が上がった」

「勤務時間が前より少なくなり給与自体も少し増えたため良かったのではないかと思っている」(59歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)

「給与も上がり駅からも近く始業が遅い。残業も少なく人間関係も良好」(36歳女性/サービス/事務・企画・経営関連)

「安定した大手企業に転職し、給与や福利厚生に満足できたから」(27歳男性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)

■「会社が合っている/気に入っている/やりがいがある」

「ずいぶんと働きやすくなったし、やりがいも生まれた」(59歳男性/ビル管理・メンテナンス/事務・企画・経営関連)

「今の職業に対する意欲もあり、向いていると思えるから」(39歳女性/百貨店/事務・企画・経営関連)

「楽しく仕事をしている日が多いから」(55歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)

■「精神的に楽/ストレスがない」

「給料は減ったが、精神的に楽になった。のびのびと仕事をすることができストレスをためることもなくなった」(43歳女性/広告・出版・印刷/事務・企画・経営関連)

「勤務先が自宅から近い場所になり、通勤で体調をくずすことが少なくなったから」(40歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

「前職で感じた無駄なプレッシャーや憂鬱な気持ちが無くなったから」(38歳女性/食品/技能工・運輸・設備関連)

■「継続できた/結果が出せた」

「実力重視の会社に転職し、学歴や経験が無い自分でも結果を出せた」(49歳男性/非鉄金属/事務・企画・経営関連)

「不景気な業界の中間搾取でしのいでいた会社を辞めて、人手不足が慢性化している現場で社会貢献できたので」(54歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

「正社員として入社し、管理職にまでなれたから」(47歳男性/その他/その他・専業主婦等)

■「人脈が広がった/スキルが上がった」

「人脈も広がって世界観も広がったので」(46歳女性/繊維・アパレル/クリエイティブ関連)

「スキルアップできたこともありますが、長く付き合える人達と出会えたことが最大の財産なので、成功と言えると思っています」(49歳男性/ソフトウェア・情報処理/営業関連)

■「人間関係が良くなった」

「以前の職場では壮絶な人間関係と上下関係に悩み苦しんだので、今の職場では多少のことでも平気でこなせる。何よりも職場環境に恵まれました。 人に優しくなれるのは今の業務にもプラスです」(45歳男性/専門店/販売・サービス関連)

「会社の仲間が大好きだから」(36歳男性/生命保険・損害保険/営業関連)

■「希望の職業に就けた」

「自分の希望通りの職に出会えたから」(43歳女性/サービス/販売・サービス関連)

「結婚による転居のために転職した。それまでの職場にも不満なかったので、同じようなところに転職して、転職前と同じように働くことができた」(33歳女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

■「前の会社、前職よりマシ」

「いやな職場はさっさと辞めるのが一番」(50歳女性/サービス/その他・専業主婦等)

「最初の職場が今でいうブラックだったので、そこよりはマシ!」(44歳女性/教育/事務・企画・経営関連)

■「私生活が充実した」

「結婚生活がゆったりできた」(44歳女性/その他/その他・専業主婦等)

「給与は下がったが休日が増えたので、家族と過ごす時間が増えた」(40歳男性/専門商社/技能工・運輸・設備関連)

■「その他」

「そう思った方がいい。嫌だからやめたんだし、現状がいいわけではない」(48歳男性/物流・倉庫/技能工・運輸・設備関連)

「美人と付き合えた!」(33歳男性/輸送用機器/営業関連)

「一応成功としましたが、成功、失敗、特にどちらか考えたこともない」(53歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)

○<失敗…>

■「収入・待遇が下がった」

「給料が安くボーナス殆ど出ず、組織としてちゃんと機能していなかったこと」(52歳男性/非鉄金属/IT関連技術職)

「自分のやりたい仕事だったけど、給料が減ったし、業務も多くプライベートの時間も減ってしまったから」(36歳女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

「入社当初はそれなりに残業もあって、程よく稼げたが、国で『働き方改革』が始まってから。今は殆ど残業できなくて困る……」(41歳女性/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)

■「会社が合わない/やる気が出ない」

「想像していた仕事内容と違っていたので」(54歳男性/教育/IT関連技術職)

「業務内容にやりがいが持てないから」(54歳男性/通信関連/事務・企画・経営関連)

「その会社に行っても、何だかやる気がわかないから」(53歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)

■「人間関係が悪い」

「人間関係が最悪」(47歳女性/建設・土木/専門サービス関連)

「仕事内容は良いけど上司が偏った奴で何にでもケチをつけてくるから仕事にやりがいを感じない」(41歳男性/専門店/技能工・運輸・設備関連)

■「ストレスが増えた/病気になった」

「仕事の時間になれずうつ病気味になった」(38歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

「精神的疲労が激しく、体も壊した」(49歳男性/サービス/専門サービス関連)

■「前の会社、前職の方がよかった」

「安定した仕事を捨てて、厳しい内容に取り組んでしまった」(54歳男性/教育/専門サービス関連)

「今思えば一番最初に、一番いい場所にいたので、その後はすべて失敗に思える」(40歳男性/官公庁/公共サービス関連)

■「社風が悪い/ブラック企業だった」

「年収アップに固執して、やりがいとか社風文化を良く確認せずに転職して日々地獄の様な毎日だった」(39歳男性/通信関連/事務・企画・経営関連)

「会社の人間関係、ブラック度は入らなければ知ることはできなかった……」(49歳男性/輸送用機器/営業関連)

■「条件が違った/条件が悪い」

「仕事内容だったり、待遇だったり、入社前と話が違うことがあったから」(48歳男性/サービス/営業関連)

「書いてある条件や仕事内容が入社して勤めてみると全く違っていることも多いので、長く務める自信や、やる気が無くなることが多く、早くその会社に見切りをつけて新しい職場を探してしまうことが多いです」(50歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連)

■「辞めてしまった/会社が潰れてしまった」

「会社が倒産した」(56歳男性/専門店/販売・サービス関連)

「人間関係で悩んで、すぐ退職したから」(53歳男性/官公庁/公共サービス関連)

■「その他」

「彼女と別れたから」(30歳女性/農林・水産/営業関連)

「基本、仕事したくないし」(49歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)

○■総評

調査の結果、転職をしたことがある人は、全体の3分の2を超える67.7%。そのうちで、その転職が成功だったと思う人は7割弱の69.2%となった。そう思う理由は、転職が成功だと思う人では「給料・待遇が上がった」(35.2%)・「会社が合っている/気に入っている/やりがあいがある」(12.7%)・「楽/ストレスがない」(8.5%)が、失敗と思う人は「収入・待遇が下がった」(24.8%)・「会社が合わない/やる気が出ない」(15.2%)・「人間関係が悪い」「ストレスが増えた/病気になった」「前の会社、前職の方がよかった」(各7.6%)がそれぞれ上位となっている。

全体の約3分の2が転職経験がある中、7割の人がその転職が成功だと考えていることが分かった。成功したと思う理由は、待遇面や仕事のやりがい、ストレスのなさなどを挙げる人が多い。他に寄せられている理由も、表現が違うだけでおおよそ同様のことをいっていると見てよいだろう。前職に何らかの不満があり、それを解消するために転職を図ったはずなので、これは当然の結果といえるかもしれない。

一方の失敗と思う理由は、この成功例のちょうど裏返しとなっている。つまり、転職先の待遇や人間関係が悪かったり、仕事が想像とは違ってしまっていたり、ブラック企業だったりと事前の予想を大きく裏切られたことで、転職が失敗であったと感じている。

転職をしてみて、新しい会社や職場、仕事内容が思っていたのとは違ってしまったというのはよく聞く話だ。会社を変わるたびに順調にステップアップする人もいる一方、給料や労働環境などが低下していく負のスパイラルに陥ってしまう人もいるように聞く。幸いにも、今回のアンケートでは7割の人が転職が「成功」だったと評価しているが、転職にあたってはくれぐれも慎重に行動したいものだ。

調査時期: 2018年4月20日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 504人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません
(エボル)

画像提供:マイナビニュース