開幕から二刀流で圧巻の活躍、ヘンドリクスは「とにかく見ていて楽しい」

 エンゼルス大谷翔平投手が、二刀流メジャーを席巻している。ここまで投手として6試合登板で3勝1敗、防御率3.5832回2/3で43奪三振。打者としては21試合出場で打率.342、5本塁打、16打点、OPS(出塁率+長打率)1.015と圧巻の成績をマークチームも開幕から好調を維持している。

 大谷はすでにチームに大きな影を与えているが、エンゼルスは昨年12月に大争奪戦を制して二刀流右腕との契約にこぎつけた経緯がある。新労使協定のもとでは23歳以下の外出身選手を“格安”で獲得できるとあって、メジャーのほぼ全球団が参戦。“書類選考”を通過したチームは本人との面談に臨み、最終的にエンゼルスが選ばれた。ただ、その方法には賛否のがあがった。補球団の1つであったドジャースは獲得がわず、面談に同席していたクレイトンカーショー投手ジャスティン・ターナー内野手はその後、地元メディアを通して不快感を明らかにしたが、同じように“出”していたカブスの右腕は「個人的には楽しい時間だった」「オオタニはとても熱心に面談に臨んでいた」などと振り返っている。

 地元メディア「ジ・アスレチック」に掲載された記事で、大谷との面談について明かしていたのは、カブス先発ローテーションを支えるカイル・ヘンドリク投手だ。2016年に16勝(8敗)を挙げて世界一に貢献し、今季も7試合登板で2勝2敗、防御率3.02の好成績をマークしている右腕は「彼と顔を合わせるのはクールなことだった」と話したという。

 記事では、カブスが当時、投手クラブハウスの中心人物であるヘンドリクスに面談への出席を依頼したことを紹介。シカゴは大都市ではあるものの温暖な西海とは違い、カブスはナ・リーグのためDHでのレギュラー出場を確約できないこともあって、当初から大谷獲得の可性は低いと考えていたという。それでも、ハネムーンからシカゴに帰る予定だったヘンドリクスは夜行便でロサンゼルスに向かい、面談に参加したというのだ。

ドジャースの選手は不快感も…ヘンドリクスは「個人的には楽しい時間だった」

 ドジャースカーショーは以前、地元メディアの取材に対して、大谷との面談は「半端じゃなく時間の無駄だった」などと発言していた。記事では、そのことを振り返りつつ、ヘンドリクスのコメントを紹介している。

「いや、そんな時間の無駄)には思わなかったよ。もしかしたらだけがそうだったのかもしれないけどね。彼と顔を合わせるのはクールなことだったんだ。こういった類の話の場に立ち会うことは、自分自身にとっても為になる経験だったよ。個人的には楽しい時間だったかな。だから、全くもって時間の無駄とかではなかったよ」

 記事ではさらに、同じドジャースで、現在は負傷離脱中のターナー大谷との面談について「に話しかけているみたいだった」と振り返っていたことも紹介。ただ、ヘンドリクスは、カブス大谷と会ったのは全7球団のうちで最後の方だったことに言及しながら、ターナーの発言にもやんわり“反論”している。

「彼がたくさんの(チームと)面談をしているのはわかっていたから(面談の進み具合が)若干、単調なものになってしまっているとは聞いていたんだ。たちが彼と面談した時には、たぶん最後から2番か、最後の球団だったと思う。本を入れて彼との面談に臨むことが、セオ(エプスタイン球団社長)の標の一つだったということは分かってるんだ。オオタニはとても熱心に(面談に)臨んでいたよ」

「ほんの少し言葉を交わしただけで、彼がどれだけ知的な人物かわかったんだ。彼が通訳を介して話す言葉から、彼がとても賢い選手だということが伺えるんだよ。だけど、彼が実際にメジャーに適応して見せたことで、彼が自分に自信を持っていることがはっきりと分かったね。とにかく見ていて楽しいよ。本来持っているもの(才)は現実離れしているわけだから。打席ではしっかりしたスイングもするし。本当に見ていて楽しい選手だよ」

 ヘンドリクスは大谷に対して好意的な言葉を並べている。二刀流での活躍が、メジャーで多くの選手を“魅了”していることは確かだ。(Full-Count編集部)

カブスのカイル・ヘンドリックス(左)とエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】