ストライクゾーンから右バッターボックスまで曲がった“魔球

 メッツノア・シンダーガード投手が投じた“高速シンカー”が話題になっている。15日(日本時間16日)、本拠地のブルージェイズ戦に先発した右腕は5回5安打7奪三振2失点の好投を見せ3勝を挙げた。MLB公式ツイッターはこの日、シンダーガードが見せた“魔球”に注動画付きでレポート。

 158キロを計測し、尚且つ鋭く曲がり落ちていく魔球が生まれたのは2回1死一塁の場面だ。左打席に入ったブルージェイズの2番・ソラーテは1ボールから投じた2球シンカー空振り。この1球は外ストライクゾーンから右打席のバッターボックスまで大きく曲がり、スピードはなんと98マイル(約158キロ)を計測した。

 MLB公式ツイッターは「ソーの投球が意味わからない」(ソーはシンダーガード称)との言葉とともに、この“高速シンカー”の動画を紹介した。

 158キロで打者から逃げるように大きく曲がった“魔球”にファンからは「この球をソーシーム・ファストボールとしてトレードマークにすればいい」、「フェアじゃない」、「右腕がどうやってこれを投げるの?」、「えげつない」、「どのくらいのスピンレートなんだろう」、「捕手の親折寸前」と驚愕が寄せられている。

 シンダーガードは大量援護もあり5回を投げ切ったところでお役御免となった。ナ・リーグ東地区で4位に低迷するメッツだが、驚異の魔球を投げ3勝を挙げたシンダーガードが孤軍奮闘の活躍を見せている。(Full-Count編集部)

メッツのノア・シンダーガード【写真:Getty Images】