【ワシントン時事】米ホワイトハウスは16日、貿易摩擦解消に向けた中国との協議を17、18両日にワシントンで開くと発表した。公式協議は今月初旬以来、2回目。米国からはムニューシン財務長官、ロス商務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らが参加する。

 米メディアによると、対中強硬派とされるナバロ大統領補佐官(通商製造業政策担当)は加わらない。中国側からは、劉鶴副首相らが交渉に臨む。