16日に行われた大相撲夏場所四日目、前頭七枚目の竜電(高田川)と前頭八枚目・嘉風(尾車)の一番。土俵下に寄り倒された竜電の後ろからまわしに手をかけ、土俵上に送る貴乃花親方の姿に、視聴者から「その優しさにキュンとした」という声が上がった。

 まずは午後4時、幕内の取組が始まる頃に審判員である貴乃花親方が姿を現すと、館内に突如、拍手と歓声が沸き起こった。


 このシーンにAbemaTVで解説を務めていた元前頭・大碇の甲山親方は、「以前は審判部長でしたから、十両以上しか審判として座りませんでした。しかし今では、貴乃花親方が序ノ口から審判員として土俵下に座ることもあります。ファンとしては、力士の取組より、親方の方が気になってしまうのも仕方ありませんね」と、貴乃花親方の人気ぶりに改めて理解を示した。

 しかし、この日の見せ場はそれだけではなかった。同じ前頭同士の一番となった竜電と嘉風の取組で、嘉風に寄り倒され、土俵下に転落した竜電に押しつぶされる格好になった貴乃花親方だったが、次の瞬間、竜電のまわしを取り、立ち上がるのをサポートした。何気ない親方の優しさが垣間見えた一幕に、ファンからは「その優しさにキュンとした」といった声の他に「やはりスゴイ人気だな」「よ、一兵卒!」などの声も聞かれた。


 なおこの取組、一度は嘉風に軍配が上がったが、物言いの末に「同体」とされて取り直し。その後の一番でも嘉風が寄り切って、文句なしの白星をおさめた。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶大相撲LIVE 夏場所