ウェス・アンダーソン監督が『ファンタスティックMr.FOX』以来8年ぶりにストップモーションアニメに挑戦した『』(5月25日開)。全編日本を舞台に、隔離されてしまったを探しにいく少年と、たちの壮大な冒険を描き出した本作から、このたびテレビスポット映像が到着した。

【写真を見る】個性的なキャラクターに声を吹き込む日本人キャストにも注目!

今回のテレビスポットは『本編の中から主人公アタリ少年たちの映像ダイジェスト、15秒と30秒の2種から3つのバージョン制作され、いずれも芸界一の好きとして知られ、自身も12匹のを飼っている坂上忍ナレーションを担当。明るくオリジナリティあふれるナレーションが、スピード感あふれる少年の冒険物語を盛り上げていく。

大の好きということもあって本作をずっと楽しみにしていたという坂上と、好きの人にナレーションをお願いしたいと考えていた配給会社との“相思相愛”で実現できたこのコラボレーションナレーション収録の現場は和気あいあいとしていたようだ。

坂上は収録後「あまり知られていないんですが、子役の時に海外ドラマの『大草原の小さな』のアフレコをやっていたんです。それで仕事が好きになって、だから今日のお仕事嬉しかったんです」とにこやかにコメント。そして「この映画を拝見して純に素敵な映画だと思いましたし、ぜひ好きの人に観てほしい」とり、テンション高めにを収録していたことについては「観ていたら情が湧いてきちゃう映画なんです。だから自由に収録をやらせてもらえたので楽しかったです」と振り返った。

また、イギリスロンドンで5万人以上もの観客が殺到した本作の開記念セット展示が、期間限定でTOHOシネマズ六本木ヒルズのロビースペースで開催されることが決定。会場では『AKIRA』(88)で知られる大友克洋の描いたコラボイラストプリントされたTシャツも販売されるとのこと。

坂上ナレーションを務めたテレビスポットは、5月17日(木)からオンエアが開始。開記念セット展示は5月19日(土)から27日(日)まで開催。開を前に控え、ますます盛り上がりを見せている『』。本作に込められたウェス・アンダーソン監督の熱な“日本”を、とくと受けとめていただきたい。(Movie Walker・文/久保田

坂上忍が『犬ヶ島』テレビスポットのナレーションに