日本代表MF長谷部誠MF鎌田大地が所属するフランクフルトは16日、バイエルンに移籍するニコ・コヴァチ監督の後任として、アドルフ・ヒュッター氏の就任が決まったと発表した。契約期間は2021年までとなっている。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 現在48歳のヒュッター監督は、2014-15シーズンオーストリアザルツブルクで揮をとり、FW南野拓実も導。2015年9月からは、FW久保裕也(現ヘント)が所属していたスイス1部のヤングボーイズを率いて、今シーズン実に32年ぶりとなるリーグ優勝に導いた。

 フランクフルトマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏は、「アディはまさにサッカーの専門という人物であり、ありとあらゆる経験を積んできた。 これまでの彼の歩みは印的なものであり、複数のクラブ継続して、恵まれているわけではない状況の中でも、ハードな取り組みにより結果を導き出してきた」と評価している。

 フランクフルトは今シーズンヨーロッパリーグ出場圏外となるブンデスリーガ8位でフィニッシュ。だが、19日にDFBポカール決勝のバイエルン戦が控えており、もしも優勝を果たすことができれば、タイトルと来シーズンのEL出場権も獲得できる。

ヒュッター監督がフランクフルトの新指揮官に決まった [写真]=Bongarts/Getty Images