ITベンチャー企業のSpiceは5月11日、売りたい物をに取りに来てくれる出品代行サービストリクル」を正式にリリースした。ネットでは、くもその利便性が話題になっている。

トリクル」はネットオークションやフリマサービスでネックとなっていた、出品にまつわる手間を代行するサービスユーザーは日程を予約するだけで、同社の専属スタッフにある不要なアイテムの回収、出品、梱包・発送、取引対応まで行う。

商品取引の了後、ユーザーは手数料(売り上げの30)と購入者への送料を差し引いた額を受け取れる仕組みで、出品物が売れなかった場合は、買い取りもしくは処分される。本、洋電、コスメなど、アイテムの集荷は何点でも無料で、10~24時の時間帯で対応する。ただし食料品や中~大電・具、自動車/オートバイアダルト関連商品など、対外のものもあるため、出品代行の対となるかどうか、サイト事前に確認しておいたほうが良いだろう。対エリアは、東京渋谷区港区目黒区品川区世田谷区新宿区で、順次拡大していく予定とのこと。

同社は、「ユーザーヒアリングを重ね、売りたいけど出品は面倒でに物が大量に溜まっているというユーザーがいる事に気づきました」と開発のきっかけをる。テストリリースから実際に多くの人が悩んでいるとわかり、正式リリースに至ったという。

Twitterでは、

“これほんとモノが捨てられない、片付けられないマンの味方すぎる”
“今まで不用品を出品して発送する作業が億劫すぎて棄していたのだけど, このサービスのおかげで想像以上の額が戻ってきたよ!”

サービスを評価するが上がっている。一方で、

“手数料30%は高いなあwww自分は使いたいと思わないけど、手っ取りく処分したい人は依頼するのかな”
“ここまでやってくれて手数料30%なら不用品処分の手段としてはアリだなぁ。生活の糧としてやってる人には手数料が大きすぎるだろうけど。”

と手数料が高いと感じるユーザーも少なくないようだ。

ネットオークションやフリマサービスで売りたいけれど、出品するにあたり作業や対応が面倒だという層は一定数いるだろう。手数料30焦点となっているが、断捨離したいけれど、面倒くさい…という人にとっては、十分に“救世主”となり得るサービスといえそうだ。
山中一生)

■関連リンク
トリクル
https://triqul.jp/