スイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」(HUBLOT)は、2018年5月16日(水)に東京・表参道ヒルズにて「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」開催記念イベントを2部形式で開催。第1部では、プロサッカー選手の本田圭佑氏をゲストに招き、FIFAオフィシャルウォッチ「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFAワールドカップ ロシア」をお披露目した。

■ウブロ初のスマートウォッチ
今回お披露目したFIFAオフィシャルウォッチ「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFAワールドカップ ロシア」は、6月に開催される2018FIFAワールドカップ ロシアの試合中に、レフェリーが実際に着用するウブロ初のスマートウォッチ。

このスマートウォッチは、サッカー用に特別に開発されたアプリを搭載し、試合中のあらゆる決定的瞬間を即時にコネクトする機能を兼ね備えている。ダイヤル上には、試合中の得点、カード数、得点した選手の名前、選手交代、試合時間などのデータがリアルタイム表示され、更にゴールが決まるたびに即座にバイブが振動し、GOALの文字がディスプレイされる。

■見た目とは違ってとても軽い~本田選手~
時計好きとして知られている本田選手は、FIFAオフィシャルウォッチを実際に着用し、「最初見たときに、レフェリーがこんなに重い時計を付けるのかと驚いたんですが、いざ付けてみると、とても軽く扱いやすいです。ウブロから初のスマートウォッチを発売するのは意外でしたが、凄くチャレンジングなことだと思っています。」と感想を語った。

MCのハリー杉山氏が本田選手に憧れのサッカー選手、レジェンドについて聞いたところ、本田氏は「レジェンドはペレです。物心つき始めた時、父親に白黒の映像のワールドカップの試合を見せられました。当時はプレーの凄さは分からなかったんですが、子供ながらにとにかくペレの動きだけは凄いとわかった。この経験がワールドカップを目指そうと感覚的に感じ始めたきっかけだった。」と思い出を語った。

■SNS経由での質問でメッシとの対決を語る
会の途中には、ウブロのSNS上で一般の方から事前に公募した質問の中から、「対戦した選手の中で一番すごかった選手は誰ですか?」と聞かれ、「いろんな選手と対決しましたが、誰か1人と言われると“メッシ”。メッシもボールロストはとても多いんです。ただ、失敗した後の振る舞い、この部分が他の選手と圧倒的に違いますね。その部分を学んでいます。」と答えた。

2つ目に、「制約がなければ、どこの国でプレーしたいですか?」と聞かれた際は、「ワールドカップが終わるまでは、何も意思決定しないと決めていた。ここで何かを発言することで自分の決意を揺るがしたくはない。ただせっかくなので一つだけ言いますと、日本ではないです。」と語り、自らの進退を初めて多くの取材陣の前で語った。

■サッカーは(陸上100m走と違い)9秒台で走れなくても勝てる!
最後に、「ワールドカップで日本は何位になると思いますか?」という質問に対して、「確率論で見ると、予選敗退と思うでしょう。サッカーは9秒台で走れなくても勝てるのが面白い。海外のチームを美化しすぎず、相手の嫌なところを狙って、勝つ可能性を高めるようにすること。僕は出る以上、優勝を目指しています。」と力強くコメントした。

イベントの最後に、「まだ最終メンバーは決まっていないですが、自分はもちろん勝つつもりで準備しています。引き続き、応援をよろしくお願いします。」と力強いコメントを集まった報道陣や一般の来場者に残し、イベントを締めくくった。

ウブロ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表
AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」
元祖バトルロイヤルゲームのモバイル版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」がいよいよサービス開始
古都京都で青もみじ&御朱印めぐりをひと足先に体験!JR東海「そうだ 京都、行こう。」初夏ツアー
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」VR映像体験第2弾の予約を開始