TOKIO山口達也女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことで、ジャニーズ事務所との契約が解除された。それを受け、NHK山口MCを務めていた『Rの法則』(NHK Eテレ)の打ち切りを発表。山口本人、もしくはジャニーズ事務所に対して損賠償請をする方針だという。

5月10日に行われた定例会見で、NHK上田良一会長は『会者がこのような状況に至ったことは大変遺憾』と山口への憤りをあらわにしていました。NHKの番組は一般視聴者の受信料で成り立っているため、この件を『受信料拒否』の口実にさせないためにも、“局としてペナルティを科した”という事実が大事ということでしょう。昨年、小出恵介不祥事で『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』が放送中止となった際にも、所属事務所に賠償請をしており、この時はドラマが6話まで撮影されていたこともあり、請額は3億円ほどだったといわれています。もっともEテレで放送されていた『Rの法則』は制作費が安く、請したとしても3,000万円程度だといわれています」(芸プロ関係者)

 ネット上では「事件のきっかけになったのがこの番組なのに?」「の何に対する賠償?」「NHKにも責任があるのではないのか」などと、NHKが賠償をすることに対する批判が殺到。11日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)でも、会の小倉智昭が「NHKって都合のいいときだけ“これは受信料で成り立っている番組だから”って言い方するんです」と苦言を呈していた。

 一方、賠償は、あくまで世間へ向けたポーズだという見方もあるようだ。テレビ関係者が明かす。

「今やジャニーズおんぶにだっこなNHKだけに、関係が悪化すれば、それはそれで困る。おそらく、NHKの番組に出演中のジャニーズタレントたちのギャラを少し引き下げることで、半年くらいかけて賠償請額がペイできるよう話がついているはずですよ」

 山口事件の後も、NHKジャニーズの“癒着関係”は変わらないようだ。

元TOKIO・山口達也