GINfest.TOKYO運営事務局は、日本初のジンフェスティバル、「GINfest.TOKYO 2018」を6月9日(土)~6月10日(日)の2日間、「Canal Side “T-LOTUS M”及びその周辺施設」 にて開催致します。(同時開催:Tennoz Harbor Market)


GINfest.TOKYO 2018は、6月9日ワールドジンデイ(World Gin Day)を祝うべく企画された、日本初のジンフェスティバルです。
ジンというお酒の魅を、ジンに情熱を注ぐ魅溢れる方達と共に発信し、ジン素晴らしいカルチャーを参加者の方達と繋がりながら共に発展させていくことを的としています。

GINfest.TOKYO 2018は、新国立競技場の設計者としても知られる隈研吾氏監修による美しい船上スペースメイン会場に、の運河沿いの倉庫をリノベーションした間や、200mにも及ぶボードウォークなどの周辺施設で開催されます。
当日は、作り手やインポーターの方々が立つブースにて、クラフトジン海外ジンの飲みべはもちろん、ボトルの購入も可。会場内に登場する、ジンフォーカスするバー人気バーテンダーによるスペシャルバージン&トニックなどのカクテルも堪できます。

また、同時開催の「Tennoz Harbor Market」では、アンティークや古書、ビンテージファッションクラフト、温かいお食事など魅溢れるおよそ100店が並び、マーケット内をジン&トニック片手に回遊できます。(2日間で約5,000人の動員実績)
イベントとも入場無料となっているため、気軽にお楽しみいただけます。
“T-LOTUS M”のトップデッキ。爽やかな風に吹かれながらジンやカクテルを楽しめる他、セミナーやワークショップも開催予定。

~We’re all connected by juniper~
バルセロナロンドンニューヨークに始まり世界を席巻するジンのムーブメント。
ジュニパーを軸に、その土地特有のボタニカル(根木皮)を使用した個性豊かな味わいやストーリー、作り手から飲み手までの距離が近い自由フレンドリーな雰囲気はジンの大きな魅で、美しいボトルデザインでも楽しませてくれます。ここ日本でも、ジン専門店の登場や、日本特有のボタニカルを使用したクラフトジンリリースが相次ぎ、大きな話題を集めています。
GINfest.TOKYO 2018は、今話題のジンを「味わう」「知る」ことはもちろん、作り手やインポーターの方々も含む参加者全員ジンをとおして「繋がる」ことができるジンフェスティバルです。
話題の国産クラフトジンも一同に集結。天王洲運河沿いのリノベーションした倉庫や200mにも及ぶボードウォークなど周辺施設が会場。


GINfest.TOKYO 2018 概要
公式サイト
HP: https://www.ginfest.tokyo/
Facebook: https://www.facebook.com/ginfest.tokyo/
※詳細情報HPに、最新情報Facebookページに掲載されています。
Tennoz Harbor Marketの公式サイトはこちら→ https://www.tennozmarket.com/

■開催場所
Canal Side “T-LOTUS M” 及びその周辺施設
東京都品川区品川2-1 先

■開催日時
GINfest.TOKYO メイン会場 “T-LOTUS M”
6月9日(土) 13:00-20:00
6月10日(日) 13:00-18:00

同時開催 Tennoz Harbor Market メイン会場 “B&C HALL”
6月9日(土) 11:00-20:00
6月10日(日) 11:00-18:00
スペシャルバーはB&C HALLに登場します。

■入場料
無料
※試飲については1銘柄100円相当で可。会場内で試飲専用のドリンクチケットを販売予定です。
カクテルフードは有料です。

運営
GINfest.TOKYO運営事務

[運営メンバー]
三浦武明 (株式会社フライングサーカス / 代表取締役)
・小針悟 (LiquorPage / Owner)
野村人 (ABV + / Chief Consultant)
齋藤恵太 (LIQUID WORKS / Founder, Producer, Bartender)
セキトモイキ (ドリンクディレクター [nokishita711 gin & cocktail labo.、The Roots of all evil.])
内口佳之 (株式会社フライングサーカス / ドリンクディレクター)

配信元企業株式会社フライングサーカス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ