2018年5月17日(木)19:5821:48和風本家スペシャル 今、世界が注するニッポン
今、世界が注するニッポン。まずは今、日本外国人の移住者が急増する町が存在するという。富山県南砺(なんとし)。少子高齢化により人口は2000人減少…ところが外国人の数はなんと100人も増加。一体なぜ?実はこの南砺、あの合造りで有名な五箇山地区も含まれている。そう、ここは“日本の原風景”が残る。ただそれだけではない…そこには意外な理由が。


そして、先イタリアミラノで行われた世界最大級見本ミラノサローネ”。そこにスイスの有名デザイナータッグを組む日本の若き職人がいた!
岐阜美濃焼を作る職人たち。伝統を守りつつ革新的なモノを生む彼らの作品で外国人が魅了されたものがある。
安土桃山時代から息づく伝統の技によって生まれる“鮮やかな”「瀬戸」。果たしてその“”に秘められた彼らの想いとは?

さらに、日本最大級のファッション展「ファッションワールド東京」に来ていた外国人バイヤーに密着!リトアニアから来た若手女性バイヤーが注したのが、この“おちょこ”。

このおちょこの内側に塗られた緑色の部分が女性バイヤー注の品。日本女性にも今人気というこの商品とは!?

左から東貴博、鈴木紗理奈、西岡徳馬、別所哲也、萬田久子 <進行>増田和也(テレビ東京アナウンサー)

配信元企業テレビ大阪株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ