ライブチケットの高額転売を防ぐために、チケット購入者の本人確認を厳重に行うアーティストも増えてきたが、それゆえ、残念なトラブルが起こってしまったようだ。

 5月2日に行われた安室奈美恵東京ドーム演に参加する予定だったファンが、チケットを持っていたにもかかわらず入場拒否されたという一部始終ツイッターで明かし、大きな波紋を呼んでいる。そのファンによれば、会場の入場ゲートで本人確認をめられ、顔写真付きの精神障害者保健福手帳を提出したところ、「が発行したものではない」という理由で入場を拒否されたという。その後、ファンは一度、地元のに戻るもあきらめきれず、もう一度会場に戻り、スタッフ抗議すると、スタッフは「ダメです」の一点りだったとか。しかし、しばらくして幹部スタッフが現れ、状況は一転し「これはちゃんとした身分なので使える」と判断はいったん覆ったそうだ。

 ただ、この時点でライブはすでに終盤。その後チケット会社の社員が現れたといい、そこで謝罪と返があるのかと思いきや、社員はそのファンが入るべき入場ゲートで「障者手帳での入場を断った記録がない」といった理由で、不備を認めなかったとのこと。そのため、そのファンは結局、この日のライブには参加できず、返も認められなかったというのだ。

「入場ゲート近くに防犯カメラが設置されていることもあり、障者手帳での入場を断った記録がないというのであれば、防犯カメラ映像を確認するようにそのファンは訴えたといいますが、取り合ってもらえなかったそうです。参加する予定であった演は9月で芸引退を表明している安室のライブですから、参加できなかっただけでつらいはずなのに、この対応が事実ならあんまりですね。スタッフ側に不手際があったことは明らかなだけにせめてしっかりと謝罪はしてほしいところ。そもそも、障者手帳はチケット販売会社が定していた身分の中に含まれていましたから、それが提出して使用できないという判断が大問題ですよ。対応したのが仮にアルバイトスタッフだとしても、チケット販売サイトが定めた規定ぐらいはスタッフ全体で共有させてほしいものです」(エンタメライター

 本当ならばゆゆしき問題だろう。セキュリティーを厳しくするのもいいが、こうしたトラブルで、正規のルートでチケットを手に入れたファンライブに参加できないという事態だけは起こってほしくないものだ。

本多ヒロシ

アサ芸プラス