初代CX-5以来の新世代商品群になってからマツダは、毎年のようにイヤーチェンジを重ねていますが、2018年5月17日に受けたCX-3の大幅改良は、従来で言うところのビックマイナーチェンジといえるでしょう。

詳細画像はこちら

今回の大幅良は、大きく分けると4つのポイントがあります。まず、「操縦安定性、乗り心地、静粛性の向上」で、とくにユーザーからはデビュー以来、乗り心地の善を要望するが多かったそう。こちらは専用タイヤを開発するなど、足まわりを中心とした進化が図られています。

エンジン進化」では、ガソリンエンジン仕様見直しに加えて、ディーゼルの排気量を1.5Lから1.8Lに排気量を拡大。これはエミッション対策がな狙いで、「ダウンサイジング」から「ライトサイジンエンジン(適正な排気量)」への転換といえます。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

基本的なプロポーションは変えずに、上質さや気品といったイメージを盛り込んだという内・外装の「デザイン進化」が3つめ。外観の変更カ所はフロントグリル、テールランプ、アルミホイールなどで、ドアなどのアウターパネルは変わっていません。一方の内装は、インパネのソフトパッドやフロアコンソールなど変更のほか、シートカラー素材変更が盛り込まれています。

詳細画像はこちら

4つめは安全性アップデートで、「アドバンスト・スマート・シティブレーキサポート」に間の歩行者検知機が付与されCX-3に初めて搭載されています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

CX-3の価格帯は、2.0Lガソリン212万7600円〜2824480円(特別仕様のエクスクルーシブモッズを含む)。1.8Lディーゼルは、2436480円〜3094480円(エクスクルーシブモッズを含む)。

(文/塚田 写真/小林和久)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【マツダ・CX-3】ビックマイナーチェンジの「4つのポイント」とは?(http://clicccar.com/2018/05/17/590227/)