2018年5月17日マイナーチェンジを受けたCX-3。発売開始は同年5月31日からとなります。Bセグメント級SUVマツダCX-3は、デビュー以来、日本国内向けは1.5Lクリーンディーゼルみでした。2017年に、待望の2.0Lガソリンが設定され、乗り中心といった使い方をする層も増えるなど、裾野が広がっています。

詳細画像はこちら

ここでは、1.5Lから1.8Lに排気量が拡大されたクリーンディーゼルについてご紹介します。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ダウンサイジングターボの先駆けとなったフォルクスワーゲンにより、その流れはガソリンディーゼルエンジンに及んできました。しかし、ここ数年は、フォルクスワーゲングループアウディがプレスリリースなどで、適正な排気量を示す「ライトサイジンエンジン」と言い始め、ポルシェも長年「ライトサイジング」を追求してきた歴史ホームページに掲載。

一方、マツダエンジン開発を担う人見夫氏は、以前からダウンサイジングに否定的な見解を述べていて、アウディなどよりも先に学会などで「ライトサイジング(排気量適正化)」について触れ、以前からカタログ燃費よりも実燃費を重視するマツダでは、「スカイアクティブエンジンで実現してきたといえるでしょう。

詳細画像はこちら

今回、CX-3ディーゼルエンジンが1.5Lから1.8Lに排気量を拡大したのはその好例といえるもので、とくに年々厳しくなる規制(エミッション)も考えるとこうした流れは加速しそう。

詳細画像はこちら

具体的には排気量アップによる全域EGR活用で、適正な排気量にすることで高負荷時のNOx低減が可になっています。さらに高応答インジェクター(4段噴射のG4P新ピエゾインジェクター)の採用で、面熱伝達損失の低減、燃焼機関短縮を実現し、熱効率の善が図られています。

排気量拡大で気になるのは重量増ですが、1.5Lインターナル部品の300g軽量化を実現。1.5Lのノウハウを活かして形状を最適化クランクシャフトでは鍛造の製造工程善による軽量化、ピストン/コンロッド軽量化によるカウンターエイトの軽量化が盛り込まれ、エンジンのトータル重量は1.5Lと同等レベルとのこと。さらにDPF機進化。排気量アップにより増えた空気を使ったDPF再生性善(実燃費向上)が盛り込まれています。

排気量が増えても燃費が向上するのは、より均質なリーン化により熱効率向上が図られるためで、低負荷域から高負荷域まで大幅な燃費向上に貢献しているそう。もちろん、排気量拡大によるトルクアップ(最大トルク変わらないものの、2000回転台後半から5000回転くらいまでのトルクカーブ善)も果たされています。

(文/塚田 写真/小林和久)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【マツダ・CX-3】「ライトサイジング」化された1.8Lクリーンディーゼルエンジン(http://clicccar.com/2018/05/17/590252/)