希少な動植物を撮影し「生命誌写真家」として活動する江川正幸さん(64)が秋田県能代市二ツ井町の旧仁鮒小の“再生”を目指し募金を始めた。保存活動にあてたいという。同小の校舎は1929年に建築された。天然杉が使われ、木のぬくもりが伝わるデザインが特徴。「『日本遺産』に匹敵する」と評価する建築家もいる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

旧仁鮒小前に立ち、作曲家・成田為三ゆかりの地であることを記した石碑に手をかける江川正幸さん=秋田県能代市で2018年4月、田村彦志撮影