6月8日(金)より公開される、河瀬直美監督最新作「Vision」の予告第2弾が解禁となった。

【写真を見る】神秘の森に迷い込んだ謎の青年役の岩田剛典がミステリアスな雰囲気を漂わせる

同作はフランスの名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がW主演。

奈良・吉野の神秘的な森を舞台に、幻の薬草“Vision”を探し求めるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と、吉野の山間で生活をする山守・智(永瀬)が出会い、命の物語が紡がれる。

その他、豪華俳優陣が集結。智の前に突然現れる謎の青年・鈴役に岩田剛典、ジャンヌのアシスタント・花を美波、猟師の岳を森山未來、同じく猟師の源を田中泯、自然と共存しながら森で暮らす女・アキを夏木マリが演じる。

今回解禁された予告編第2弾では、アキが薄暗いトンネルの中を鈴のついた杖を突き、まるで何かに導かれるように歩みを進めるシーンから始まる。

世界的なジャズピアニスト・小曽根真の優しく柔らかなピアノの音が流れる中、ジャンヌと花が「ここにちょっと滞在することはできますか」と、智の家を訪ねる。

ぶっきらぼうに「風呂…かまどだけどね」と言いつつも、智は急な客人を迎え入れる。

ある日、智は気を失って倒れている鈴を森の中で見つけ、自宅へと連れ帰る。その後2人は共同生活を始める。

しかし、アキの「どうして、ここへ来た?」の問いから、車窓で一人静かに涙を流すジャンヌや、光に照らされ佇む岳、暗い森の中で泣き叫ぶ源、強いまなざしをこちらへと向け一筋の涙を流す鈴と、登場人物たちの感情があらわに。

アキの「やっと会えたな」の言葉と共に映し出される、「もう一度、会いたい」の意味とは? 彼らがこの地を訪れた本当の理由とは…?

なお、新たな予告映像は河瀬監督により監修もされた。圧巻の映像美と共に描かれた壮大なストーリーに期待が高まる。(ザテレビジョン)

フランスの名女優、ジュリエット・ビノシュと、国際派俳優として活躍する永瀬正敏がW主演を務める