日中の間には消し去ることのできない歴史がある。それゆえ中国では日本を「小日本」、あるいは「鬼子」という蔑称を日常的に使用する人が少なからず存在するのが現状だ。中国メディアの快資訊は14日、「中国人から『小日本』と呼ばれていることを日本人はどのように思っているのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、中国と比較すると日本の国土は客観的に小さいと指摘し、その意味で「小日本」であるのは間違いないと主張。また、中国で放送されている「抗日ドラマ」では、歴史を正しく表現していない作品も多いが、日本人や旧日本軍について「小日本」という表現がなされていると紹介した。この場合の「小日本」という言葉には「度量の小さい国」などといった侮蔑の意味が含まれている。では、日本人は中国人に「小日本」と呼ばれていることをどのように感じているのだろうか。

 記事は、日本人は「小日本」と呼ばれていることに憤慨していないだけでなく、かわいい名前であると感じているらしいと主張し、その具体的な例を紹介している。中国語の「小」には「~ちゃん」という意味もあるので、見方によっては「日本ちゃん」になることを一部の日本人は「かわいい」と感じていると紹介したほか、「中国の国土より実際に小さいから小日本で問題ない」と意見があると紹介した。

 事実、日本の文化や日本語において「小」に侮蔑の意味合いはないため、「小日本」という言葉が中国語で侮蔑の意味があったとしても、小日本と言われて侮辱されていると実感できる日本人はほとんどいないのではないだろうか。

 近年の中国で人気の旅行先の上位に日本が名を連ねているのは不思議なことだ。感情的には受け入れられなくても、多くの中国人は日本を訪れているのだ。今後しばらくは日本旅行の人気が続くことが予想されるが、日本を訪れた中国人は中国国内における「日本のイメージ」と現実は大きく違っていることに気が付くことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
日本人は中国人に「小日本」と呼ばれていることをどう思ってるの? =中国メディア